“10月は秋晴れでスタート”   庭の花
10月は気持ちの良い秋晴れでスタートしました。
今頃の時期を暦では春の「啓蟄」に対して「蟄中坏戸」(ちつちゅうこをはいす)と言うそうです。 虫たちが巣籠もりをはじめる季節。
いい声の虫たちの饗宴はそろそろおひらきで、蛙や蛇たちも美しい野の花にそむいて、そろそろ暗い穴の中へ。

今年の秋は物悲しい秋ですが・・・いろいろうれしい自然の贈りものがいっぱいの季節ですので、美しい秋、美味しい秋をたくさん楽しみたいと思っています。

晴れの2日間、穴掘り、土の消毒、植え替え、草むしりと、ほとんどを庭で過ごしました。 庭仕事も気持ちの良い日は はかどります。

e0020954_20243040.jpg

e0020954_2025265.jpg

e0020954_20253993.jpg

もう秋バラなのでしょうね? アイスバーグは夏からずっと咲き続けてくれています。
いっぺんにたくさんの花をつけるほどに大きくなっていないバラたちですが、毎日何かしらのバラが咲いてくれるのはうれしいものです。

実ものはうれしい自然の贈り物ナンバー1。 赤らんでいるヒヨドリジョウゴは柿の木の上の方でカメラが届きません。
by tazukos3 | 2010-10-02 20:55 | 庭で
<< しかけ絵本  ー鎌倉ー 昭和記念公園のコスモス >>