桜の季節になって・・・・・
3月11日の大震災の日からまもなく一ヶ月が過ぎようとしています。
いまだ災害のまっただ中にあって、被災された方々は言うまでも無く、日本中が閉塞感に包まれています。
ブログ友も書いていましたが・・・ 被災地のニュースを見ながら、なぜか?何に対してだかわからずに申し訳ない気持ち。
そして先の見えない原子炉の不安に、胸のなかがもやもやとして元気不足です。

加えて、というのもおかしいのですが・・・
夫の一周忌を迎えて、城山三郎さんの題名ではないけれど「そうか、もう君はいないのか」と思える日々が多く、
喪失感、悲しみは薄らぐものではなく、深まるものなのだと感じています。
大震災が無かったら、こんなに引き戻されることも無かっただろうか?とボンヤリ考えています。

避難所で肉親を喪った悲しみに耐えている人々の気持ちを想い、何も出来ずにモヤモヤとしながらも・・・・・
お友達の皆がそうであるように、少しづつ以前の日常の暮らしに戻りつつはあるのですが、
それでも、ブログアップの気力がなくて、もうしばらくお休みしたいと思います。
5月バラの花が咲くころには被災地の方々も少しは落ち着いて、元気になっていてくれることを祈りながら・・・









やはり花には癒され、庭に出て時間を忘れることができるのは幸せなことと感謝しています。
4月になって写真に撮った花たち、チョット見てやってください。
e0020954_14473773.jpg

e0020954_1448385.jpg

e0020954_14483338.jpg

e0020954_1449373.jpg

by tazukos3 | 2011-04-09 15:03 | 庭で
<< バラが咲いてきましたので・・・ 庭の花   クリスマスローズ >>