英国・コッツウォルズのかわいらしい村を描く8日間  続き
   スケッチ旅行中はだいたい二回の講評会があって、先生は「途中でもいいですよ」と、おっしゃるのですが・・・
   生徒たちはやはりある程度の段階までは仕上げたいという思いが強いようで、講評会前は、部屋でそれぞれの格闘があるようです(笑)
   私は、体力温存を理由に、ほとんど部屋では描かないようにしていますが、現場ではどうしても絵が雑になってしまいます。

   今後の課題=現場でももう少しきめ細かい絵が描けるように、腕とともに、心(心がけ?)も鍛錬する必要がありそうです008.gif

e0020954_11141544.jpg


   バイブリーでのランチはスワンホテルでゆっくりと、美味しいスープと何やら美味しいソースののったパン。 カッスルクームでのサンドウィッチランチもなかなかでした。  

   イギリスは何となく食べ物が大雑把な印象がありましたが、ツアーディレクターSさんのアドバイスもあって、どこも美味しくいただけました016.gif
   鈴木先生のツアーディレクターはいつもSさんで、この方がご一緒なら食事も、その他行動も、とっても安心感のある方です。

   カッスルクームでのスケッチ後は171キロの道のりをロンドンへ   11日はロンドン泊

e0020954_11151233.jpg


e0020954_1115123.jpg


   今回も新先生、9人の参加者、ツアーディレクターSさんと 楽しく有意義なスケッチ旅行が出来ました。
   皆様に心から感謝しつつ、また次に続くことを祈りつつのブログアップです029.gif
by tazukos3 | 2012-09-15 12:15 | お出かけ
<< 庭の花   英国・コッツウォルズのかわ... >>